ナチュラルヘアとヘアアイロン(コテ)の注意点

ヘアスタイル

暖かい冬でマフラー要らずなんて珍しい日々を過ごしております。瑞江駅の美容師の五味&小堀です。

今回はタイトル通りナチュラルスタイルです☆

パーマもカラーもしておりません。※元々の地毛が明るいのです。

ショートボブ

ボブ ※仕上げにコテ巻き

ミディアムヘア

ロングヘア

ナチュラルなヘアスタイルもオーダーありますよ(。ӧ◡ӧ。)

最近は、学生さんでもストレートアイロンやコテを使用する方が増えてきてます!! オシャレさん増えて嬉しいですね(o^^o)♥

ヘアスタイルを可愛く造りやすいですが、正しく使わないとカラーもパーマもしていない髪の毛でも、熱で負担になりますので注意が必要ですよ☆

これは、iru ufaa(イルリファー)の考え方になりますm(_ _)m

★最低限、守って頂きたいのが

  • 必ず髪の毛が乾いていること
  • 高温注意
  • 火傷注意

理由としまして、髪の毛の約80%がタンパク質で構成されているからです。

説明

必ず髪の毛が乾いていること

完全に乾かすこと!これに尽きます!濡れている髪の毛に高温なヘアアイロン(コテ)が当たると、ジューってなった経験ありませんか?? これは、髪の毛の中で水分が水蒸気爆発をしています!!言葉だけ聞くと恐ろしいですよね!? 水は100℃でブクブクと沸騰しますよ。(お湯を沸かすとわかります)それが、髪の毛の中で瞬時に起きてしまいますのでタンパク質の形状が変形してしまいます。

高温注意

1.高温なヘアアイロンやコテを当て続けてしまうと、髪の毛はタンパク質なのでタンパク変性を起こし髪の毛が固くなってしまいます。

2.髪の毛の内部に保持されている水分が髪を熱のダメージから守っているのですが、この水分保持能力が低下してしまうとアイロンの熱をダイレクトに受けやすくなります。

例えるならば生卵をフライパンで目玉焼きを作るイメージです(笑)だんだんと白身も黄身も固まってきますよね!サッと醤油をかけるだけで美味しい(๑´ڡ`๑)

そうしますと、毛先だけ(アイロンしている所だけ)カラーしたかのように明るくなったり、手触りがザラザラと引っかかったりとなってきます。(´×ω×`) 心当たりの方、いますかー???

色々と質問してみますと「朝は時間が、ないから~」って180℃や200℃でってよく聞きますが、これは高温過ぎますので⚠︎注意⚠︎ 確かにサッと形が造れるのでいいのですが・・・

※健康毛にストレートアイロンを行った測定結果がありまして(マイスター参照)

アイロン温度 140℃ -160℃ - 180℃

髪の表面温度 98℃ - 110℃ - 120℃

と平均実測値があります。

結論からしますと、130℃以下が理想(๑•̀ㅁ•́ฅ☆ 時間はかかりますが、髪にダメージをさせない負担をかけない為にはオススメです!! ※イルリファーの2人みたくブリーチヘアに100℃~120℃以下となります∠( ̄^ ̄)

火傷注意

耳や首周りにアイロン(コテ)が当たると熱いので、慣れない方は電源入れる前に練習してみて下さいね。(^^) 使い終わったあとも熱いので、お子様が触らないようにも注意が必要です!!

☆乾かす前ドライヤー前に毛先に、ヘアオイルやヘアミルクをつけて保護する事もオススメです₍₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞

☆ブリーチヘアには、ヘアオイルタイプてしっかりコーティング!!

少しでも参考にして頂けたら嬉しいです。LINE@でも相談受け付けてます。

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+*

iru ufaa専用のLINE@です。@zty0914m

友達追加をして頂くと、ご予約のお問い合わせや受け付け、ヘアスタイルのご相談等をam6:00~pm11:59まで受け付けております。 お気軽にどうぞトークしてみて下さい(^^)

Instagram : gomi.iruufaa   ヘアスタイルを載せています☆チラ見してみて下さい★フォロー宜しくです。

iru ufaa  (イルリファー)

〒133-0065  

東京都江戸川区南篠崎町4-18-13  ウエインズマンション102   Google マップ

瑞江駅からの歩き方

TEL 03-5664-6364